2006年06月19日

英国の美術館、ただの台座を芸術作品として展示【☆☆☆】

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081150599922.html
そっちの方が芸術的だったんなら
何ら問題ない。えーと、多分。

MOMA展友達と行った時、笑かそうと思って美術の定義とはそれを美術と思って見る人が一人でもいればそれは美術と言えるのではないだろうか。とか思いながら、明らかに警備員の座る用であろう椅子をじろじろみてたら

警備員「それは展示ではございませんので…」
俺「は、はい・・・」
みたら友達だけじゃなく近くの客まで必死で笑いをこらえてる・・・・

…いやまさか、ツッコまれるとは。やるな、警備員。
posted by xtc at 07:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19491175

この記事へのトラックバック

これで英国王立美術館の志向性がはっきりしたっ!
Excerpt: 英国の美術館、ただの台座を芸術作品として展示 (写真をクリックすると拡大)笑えたなあ、この記事には・・・。人間の美的感覚、芸術センスなんてこんなもんで、まったくあやふやなもの。どう考えても右側の台座と..
Weblog: つっこみニュース解説
Tracked: 2006-06-19 13:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。