2006年12月30日

平壌の空に巨大な光輪あらわる KCNA報道【弐】

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081167118100.html

>「太陽のまわりの大きな輪は30分ほどそのままで、7色の明るい光を放射し続け、それが消える頃にはあられも止まり、一筋の雲もありませんでした」とのことだ。

エ、それって普通の光環および光輪じゃないの?
小学生の時みたことある。
posted by xtc at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30552450

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。